↑↑↑↑↑↑↑
安くて便利です☆

低用量ピルとは

低用量ピルとは、通常のピルと比べてホルモンの含有量が少なく、その分副作用がでにくいと言われています。

初めてピルを飲む女性の場合、今は大抵ピルではなく低用量ピルを処方されると思います。

中でもトリキュラーは婦人科で処方される割合が多いですね。

実際に、トリキュラーはヤーズなどに比べて副作用を感じる女性の割合が少ないみたいです。

(もちろんヤーズが身体に合っていて、むしろトリキュラーの方が体調を崩しやすいという女性もいると思います)

まぁ副作用がでる・でないは個人差による所が大きいので、なかなか難しい所で葉ありますね。

さて、そんな低用量ピルの役割は、体内にホルモンを取り入れる事によって女性の身体を疑似的に妊娠状態にもっていきます。

女性は重ねて妊娠する事は出来ませんので、その間は性交を行ったとしても妊娠しない…という事になります。

また生理不順を改善したり、生理痛を軽くする効果もありますね。

もともと妊娠すると生理痛が軽くなる…と言われていましたが、体内の女性ホルモンが安定すると生理痛が軽くなるようですね。

口コミが豊富で安心☆
↓↓↓↓↓↓↓
サブコンテンツ

このページの先頭へ